レーザー治療でトラブル知らずの肌|加齢と共に現れるシミを諦めない

美容皮膚科の美白治療

目を閉じる女性

最新の治療マシン

シミ、そばかす、肝斑、ニキビ跡などの肌トラブルは美容皮膚科クリニックに行って治療をすれば治せます。シミ・そばかす・ニキビ跡は、レーザー、フォトフェイシャルなどのマシン系から、ビタミンcイオン導入やケミカルピーリングなどの施術系まで、幅広い治療の中から選べます。シミだけ狙って消したいならレーザーが、顔全体をクリアにしたいならフォトフェイシャルやケミカルピーリングが向いています。最近は治療技術が進んだこともあり、肝斑もレーザー治療で治せるようになりました。肝斑治療に使われているのがレーザートーニングというマシンです。レーザートーニングには照射した部分のターンオーバーサイクルを早める効果があります。肝斑だけではなく、その他のシミの治療にも有効です。

年を取るといつの間にか表皮にできているシミですが、ほとんどのシミは若い頃に浴びた紫外線の影響からできます。何年も前に浴びた紫外線がメラニン細胞を作り、それが時間の経過とともにシミとなって現れてくるのです。普通なら代謝と共にメラニン細胞が排出されるので、代謝を高めることはシミ対策になります。また、こすったり乾燥させたりするとメラニン細胞が活性化されるので、スキンケアをするときに肌を強くこすらないこと、保湿をしっかりすることも大切です。夜寝る前に気になる部分にハイドロキノン軟膏を塗っておけば、メラニンの分解と排出ができます。ハイドロキノン軟膏は美容皮膚科クリニックで1500円ほどで処方してもらうことができます。